発達障害グレーゾーンのライフハック

診断のおりないアナタに生活や仕事を効率よく行うテクニックを教えます。

  • 期日を守れない人のためのライフハック

    発達障害グレーゾーンの人は期日を守れないことが多いです。スケジュールを目につくようにしておく。これが一番の対策です。自分でスケジュール表を作っても良いですし、手帳(スケジュール帳)やGoogleカレンダーを使ってももちろん良いです。手帳を開きっぱなしにしたり、Googleカレンダーをタブに固定したり起動しやすくしたりして、目に付きやすいようにしましょう。余裕を持たせてスケジュールを組むこと、安請け合いしないことも大切です。 詳細

  • 空気が読めず他人の話を聞けない人のためのライフハック

    発達障害グレーゾーンの人は空気が読めず、他人の話を聞けないことがよくあります。無理に人付き合いしようとすると疲弊します。考え方を変えてみましょう。付き合う人を限定したり、引っ越ししたり、職を変えたりするのです。環境が変われば生き方も変わります。 詳細

  • つい衝動的な発言をしてしまう人のためのライフハック

    発達障害グレーゾーンの人は思ったことをすぐに口にしてしまいます。メモを取る習慣をつければ、反射的な発言を防ぐことができます。また、とりあえず発言するまえに5秒待ってみるのも有効です。 詳細

  • 忘れ物が多い人のためのライフハック

    発達障害グレーゾーンの人は忘れ物が多いです。忘れ物が多いというのは、ある意味その人が持つ特性です。「絶対に忘れ物をしない」ではなく、「少しでも忘れにくくしよう」と考え方をシフトさせましょう。「ここまでやれば忘れようがないだろう」という状況を作るのです。 詳細

  • 用事を先送りにしてしまう人のためのライフハック

    発達障害グレーゾーンの人は目先のものに気を取られてしまい、大事なことを先回りにしてしまいがちです。どの仕事もこなそうとすると、どれも中途半端になります。作業を小分けにして、一つひとつ片付けて行きましょう。注意が移りやすい人は、作業の同時進行をさけましょう。 詳細

  • 発達障害グレーゾーンとは

    発達障害グレーゾーンとは発達障害と健常者の間のことです。発達障害の傾向はあるけども診断はおりません。しかしながらポジティブに捉えれば、それは医療に頼らなくてもライフハックで対処できるということです。 詳細